MonsterCatの神アーティストTOP10を紹介!!

Monstercat Top10 Artists

こんにちは、キラクダ。です🐪

みなさんは「Monstercat」を知っていますか?

Monstercatは、Youtubeチャンネルで総再生数25億回を誇る、世界有数の電子音楽レーベルです。


MonstercatはDJ界でもトップレベルのアーティスト達と契約を結んでおり、現在まで数々のレジェンド曲をリリースしています。

今回はMonstercatのトップアーティストを10人紹介します。

彼らの神曲を聴けば、Monstercatの魅力にハマること間違いナシです!

スポンサードサーチ

Monstercatとは?

Monstercat イラスト

(picture by Monstercat (@Monstercat) Official Twitter)

Monstercatは、カナダのバンクーバーを拠点とする超巨大音楽レーベルです。

音楽のジャンルは、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)です。

キラクダ。

EDMとは、クラブなどで流すことを目的に作られた「電子音楽」のことです。

Monstercatは、2011年にMike Darlingtonさんと、Ari Paunonenさんによって設立されました。

以来、YoutubeやSoundCloudを中心に数多くのヒットアルバムをリリースし、世界でも有数の音楽レーベルとなりました。

Youtubeチャンネルは登録者数748万人、総再生回数25億回を誇る、カナダで10番目に大きなチャンネルです。

現在はメインチャンネルである「Monstercat: Uncaged」と、姉妹チャンネルである「Monstercat: Instinct」という2つのチャンネルを運営しています。

Monstercatの魅力

Monstercatの魅力は、なんといってもアーティスト層が厚いところです。

Monstercatには個性的なアーティストが多数存在し、それぞれが独自のスタイルで楽曲をリリースしています。

そんな個性あふれる楽曲が集まったアルバムは、まさに「EDMの宝石箱」といえるでしょう。

また新規アーティストもどんどん登場し、現在も個性的なアルバムを多数リリースしています。

Artists- Monstercat

キラクダ。

ファンを飽きさせない努力を続けているところも、Monstercatの大きな魅力です。

Monstercatの神アーティストTOP10を紹介!!

Monstercatアルバム022 contact カバーイラスト

(picture by Monstercat (@Monstercat) Official Twitter)

それではいよいよ、MonstercatのトップアーティストTOP10を紹介していきます。

魅力的なアーティストが多すぎて、10人に絞るのにかなり迷いました…

今回は各アーティストの代表曲も紹介していきます。気になった楽曲があれば、ぜひ聴いてみてください!

Marshmello (マシュメロ)

Marshmelloの写真

(Photo by Marshmello | Monstercat Wiki | Fandom)

まず最初に紹介すべきアーティストは「Marshmello(マシュメロ)」でしょう!

Marshmelloは世界を代表するトップDJで、2019年の「世界で最も稼いだDJランキング」では2位を獲得しています。

その姿はとても特徴的で、常にマシュマロの形をした白いマスクをかぶっています。

MarshmelloがMonstercatでリリースしている楽曲は「Alone」ただ1曲のみです。

しかしこの「Alone」こそが、MonstercatのYoutubeチャンネルで再生数1位を誇る、最高のレジェンド曲なのです。


しかもMarshmelloはこの「Alone」を、わずか4時間で作り上げたんだとか。
完全にバケモノ(Monster)です。

マシュメロは「Alone」の他にも「Silence」「Happier」など、数々の伝説的ヒットを残しています。


キラクダ。

有名歌手やバンドとのコラボも多く、今後も目が離せません。

Marshmello - Monstercat

Pegboard Nerds (ペグボード・ナーズ)

Pegboard Nerds DJ2人の写真

(Photo by Pegboard Nerds | Monstercat Wiki | Fandom)

Pegboard Nerds(ペグボード・ナーズ)は、ノルウェー出身のAlexander Oddenと、デンマーク出身のMichael Parsbergで構成される2人組のユニットです。

ペグボードは、Monstercatに最も多く楽曲を提供しているアーティストです。

そのどれもが、Monstercatを代表するヒット曲になっています。 まさにMonstercatの大黒柱といえる存在です。

🎵 Pegboard Nerds - Hero (feat. Elizaveta)


キラクダ。

楽曲のジャンルも多彩で、ペグボードの曲だけを聴いてても飽きないほどです。

ペグボードといえば、彼ら2人をモチーフとした青色のキャラクターも特徴的です。

キャラクターを見て分かる通り、彼らは熱狂的なゲームファンでもあります。

人気曲「Pink Cloud」では、ゲームの世界を表したドットムービーを観ることができます。


さらには、自分たちのキャラクターをモチーフとしたゲームを発売するほど。

Nerds F Cancer

Nerds F Cancer
開発元:Ken WK Inc
無料
posted withアプリーチ

ペグボードの強烈な個性と、バラエティ豊かな楽曲たちは、今もなおファンを熱狂させています!

キラクダ。

MonstercatといえばPegboard」と言えるほど、彼らの影響力は絶大です。

PegboardNerds - Monstercat

Tristam (トリスタム)

Tristamの写真

(Photo by Tristam | Monstercat Wiki | Fandom)

Tristam(トリスタム)はカナダのアーティストです。

Monstercatと同じバンクーバー出身なだけあって、2011年から楽曲を提供しています。

Tristamの楽曲は、切ないメロディクールなボーカルが特徴的です。

🎵 Tristam - Till It's Over


Tristamは他アーティストとのコラボ曲も多数手がけています。

特に「Braken」とのコラボでは、「Flight」や「Frame of Mind」など数々のレジェンド曲を生み出しています。



両曲とも、MonstercatのYoutubeチャンネル内で再生数TOP10にランクインしています。

2018年には「Questions」をリリースし、ミステリアスなメロディやカバーで多くのファンを魅了しました。


「Questions」のカバー写真はファンアートまで描かれ、本人もTwitterアイコンとして使用しています。(2020年現在)

キラクダ。

シックな曲が好きな方は、Tristamのファンになること間違いナシです!

Tristam - Monstercat

Nitro Fun (ニトロ・ファン)

NitroFunの写真

(Photo by Nitrofun | Monstercat Wiki | Fandom)

Nitro Fun(ニトロ・ファン)はメキシコ出身のアーティストです。

Nitro Funの楽曲は、ゲームのピコピコ音のような「8bitサウンド」がとても特徴的です。

リズミカルなピコピコ音に、ゴリゴリのダブステップが組み合わさり、驚異的な中毒性があります。

🎵 Nitro Fun - New Game


Nitro funがエレクトロミュージックに興味を持ったのは、彼が14歳の時です。

その後Monstercatのリリースコンテストに優勝し、当時最年少でレーベルとの契約を果たしました。

彼は、その楽曲からも分かる通り、大のゲーム好きです。

曲名も「Final Boss(ファイナル・ボス)」や「CheatCode(チート・コード)」など、ゲームにちなんだタイトルばかりです。

一度曲を聴くだけでも、彼のゲーム愛がヒシヒシと伝わるでしょう。

キラクダ。

リズミカルなエレクトロは中毒性バツグン!ハマりすぎ注意です(笑)

Nitro Fun - Monstercat

Aero Chord (エアロ・コード)

Aero Chordの写真

(Photo by Aero Chord | Monstercat Wiki | Fandom)

Aero Chord(エアロ・コード)は、ギリシャ出身のアーティストです。メインジャンルはTrap(トラップ)です。

Aero Chordの楽曲は重厚すぎるドロップ(サビ)が特徴です。

あまりに強烈すぎて、一度聴けば忘れられません。

代表曲は「Surface」です。Youtubeで5000万再生を達成しています。


Aero Chordは写真などでよく両手をあわせた祈りのポーズをとっています。DJの合掌ってなんかかっこいいですね(笑)

キラクダ。

Aero Chordの重厚な曲を聴くと、まるで重戦車にひかれたような気分になります(笑)

Aero Chord - Monstercat

Noisestorm (ノイズ・ストーム)

Noisestormの写真

(Photo by Noisestorm | Monstercat Wiki | Fandom)

Noisestorm(ノイズ・ストーム)は、アイル出身のアーティストです。Monstercatには2011年から楽曲提供をしているベテランです。

Noisestorm最大の特徴は、民族的なメロディを暴力的なまでの激しい電子音で表現する点です。

特に彼の代表曲「BreakDown」は必聴です。アラビアンかつ暴力的なメロディには、必ずド肝を抜かれます。


そして、Noisestormを語る上で外せない楽曲が「Crab Rave」です。
これはもう文章より、動画を観ていただく方が早いです。


大量のカニが踊り狂う」というカオスすぎるMVは、強烈なミーム(ネタ)を巻き起こしました。

しかも彼は「Crab Champions」というカニのゲームまで開発しています。

Crab Championsはカニ同士が武器をとって争い合うバトルロワイヤルゲームです。

しかもゲームのプログラミングからCG、音楽まで、全て彼自身が制作しています。 もはや意味が分かりません(笑)


Crab Championsは、洋ゲー最大のプラットフォームである「STEAM」で購入することができます。
Crab Champion - STEAM

キラクダ。

カニに全部持っていかれそうですが、DJとしての腕も超一流です!

Noisestorm - Monstercat

Stonebank (ストーン・バンク)

Stonebankの写真

(Photo by Stonebank | Monstercat Wiki | Fandom)

Stonebank(ストーン・バンク)はイギリス出身のアーティストです。

Monstercatと契約するまでは、「Modulate」や「Rocket Primp」といった名前で活動していました。

その豊富な経験を活かし様々なジャンルを使いこなす、多彩なDJです。その中でも「ハードコア」は彼の代表ジャンルでもあります。

Stonebankが生み出す、切なくも力強いメロディを聴くと、胸が打たれたような気分になります(笑)

🎵 Stonebank - The Pressure


また歌手であり、Stonebankの妻でもある「EMEL(エメル)」がボーカルを手がけることも多く、彼女の力強い歌声はStonebankの楽曲と非常にマッチしています。

EMELがボーカルを務める「Stronger」は、Stonebank一番の代表曲です。


Stonebankについて、ものすごく詳しく紹介している記事があります。そちらも要チェックです!
参考 Monstercatの注目株!ジャンルレスな音楽を展開するStonebank(ストーンバンク)とは!MNN

キラクダ。

Stonebankの王道ハードコアを聴くと、シンプルに「幸せ」になれます。

Stonebank - Monstercat

Tokyo Machine (トーキョー・マシン)

Tokyo Machineの写真

(Photo by TOKI(@tokyomachine) - Twitter)

Tokyo Machine(トーキョー・マシン)は、2016年からMonstercatに参入した期待の新星です。

その正体は、完全に謎につつまれています。

銀髪、変なサングラスに、ギザギザ模様の黒マスク… その奇抜な格好は、「ヤバい」の一言です。

楽曲も見た目に劣らず超奇抜で、ファミコンゲームのような8bitサウンドとカオスな効果音が特徴的です。

🎵 Tokyo Machine - EPIC


Tokyo Machineは名前に「Tokyo(トーキョー)」とついてるだけあり、日本のサブカルチャーにかなりインスパイアされています。

日本のゲームをリスペクトした楽曲はもちろん、日本語ボイスがサンプリングに使用されていたりします。

キラクダ。

Tokyo Machineは、自身をイメージした顔文字も流行らしています
[ ^ vvv ^ ]

彼のイメージキャラクターも特徴的で、楽曲のカバーイラストには毎回登場しています。

また活動もかなり精力的で、現在も積極的に楽曲をリリースしています。今後も彼のカオスっぷりに目が離せません。

キラクダ。

Monstercat随一のミステリアスキャラ。素顔は絶対イケメンだと思う(笑)

Tokyo Machine - Monstercat

Feint (フェイント)

Feintの写真

(Photo by Feint | Monstercat Wiki | Fandom)

Feint(フェイント)はイギリス出身のアーティストで、ドラムンベースのスペシャリストです。

ドラムンベースとは
BPM160を超える高速なテンポと、複雑で重厚なビートが特徴的なジャンルです。

Monstercatとは古くからの付き合いで、Monstercatのファーストアルバムには「Atlas」をリリースしています。

Feintの代表曲「Snake Eyes」は、幻想的なボーカルメロディとゴリゴリのビーツが合わさった、最高にクールな1曲です。


また、有名ソングライターの「Laura Brehm(ローラ・ブレーム)」とコラボした楽曲「We won’t be alone」も有名です。


キラクダ。

Feintのクールな楽曲は、ゲームのプレイムービーなどで使用されることも多いです。

Monstercatにはドラムンベースの良曲が多数ありますが、Feintの存在もかなり影響しているでしょう。

あなたもFeintの楽曲を聴けば、そこからドラムン沼にハマること間違いなしです。

キラクダ。

私もドラムン沼に絶賛ドハマり中です(笑)

Feint - Monstercat

Au5 (エーユー・ファイブ)

au5の写真

(Photo by Au5 | Monstercat Wiki | Fandom)

Au5(エーユー・ファイブ)は、アメリカ・ニュージャージー州のアーティストです。

Au5は、TranceとDubstepをあわせた「Trancestep(トランステップ)」というオリジナルのジャンルを自称しています。

トランス特有のきらびやかなメロディと、荒々しいダブステップのコンビネーションは、まさに「EDMの新世界」といえるでしょう。

🎵 Au5 - Snowblind (feat. Tasha Baxter)


Monstercatはトランス曲が少なめなので、au5の「TranceStep」はとても貴重です。

トランス好きの方はau5にハマること間違いなしです!

au5については、こちらの記事で詳しく紹介されています!
参考 【EDM】Au5って誰?読み方は??|おすすめ曲と一緒に紹介!エクレア日記

キラクダ。

au5の「Trancestep」には、新たな可能性が広がっています!

Au5 - Monstercat


今回紹介した10人の他にも、魅力的なアーティストが多数活躍しています。

Monstercatの公式サイトで、各アーティストの情報をチェックできますよ。

Monstercat - Artists

スポンサードサーチ

Monstercatのアーティスト曲はどこで聞ける?

イヤホンをつけて音楽を聴く男性の写真

ここまでMonstercatのトップアーティストを10人紹介しました。

ここでは、

しりタイガー

Monstercatの楽曲はどこで聴けるの?
という質問にお答えします。

Monstercatの楽曲は、様々なプラットフォームで配信されています。

有名どころであれば、ほぼ全てのプラットフォームで聴くことができます。

以下は、Monstercatの楽曲が聴けるサービス一覧です。

無料サービス

有料(定額制)サービス

すでにSpotifyなどの有料サービスを利用されている方は、そのままMonstercatの楽曲が楽しめます。

無料で快適に楽しみたい方は、「SoundCloud」がオススメです。

SoundCloudは無料で利用できる上に、Youtube(無料版)のように広告が流れることもありません。

さらにスマホアプリではバックグランド再生も可能です。

また音質も素晴らしく、有料サービスにひけをとりません。

日本ではあまり広まっていませんが、洋楽好きな方には強くオススメしたいサービスです。

Monstercatの神アーティストTOP10 まとめ

熱狂するクラブの画像

  1. Marshmello (マシュメロ)
  2. Pegboard Nerds (ペグボード・ナーズ)
  3. Tristam (トリスタム)
  4. Nitro Fun (ニトロ・ファン)
  5. Aero Chord (エアロ・コード)
  6. Noisestorm (ノイズ・ストーム)
  7. Stonebank (ストーン・バンク)
  8. Tokyo Machine (トーキョー・マシン)
  9. Feint (フェイント)
  10. Au5 (エーユー・ファイブ)

今回はMonstercatの神アーティストTOP10を紹介しました。

今回紹介したアーティスト達を含め、Monstercatのアーティスト達は、みんな唯一無二の個性を持っています。

そして彼らの楽曲は、何度聴いても飽きない最高の曲ばかりです!

あなたもお気に入りのアーティストを見つけて、Monstercatの世界を楽しみましょう!

キラクダ。

それでは皆さん、よいEDMライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA