『Google Keep』の特徴と、オススメの使い方を徹底紹介

google keep 徹底紹介

Google Keepって使いやすい?

Google Keepのオススメの使い方が知りたい!

こんな疑問を解決します。

Google Keepはシンプル使いやすく多様な機能がそろっています。

私は1日5回はメモをとる、いわゆる「メモ魔」ですが、最近はずっと「Google Keep」を愛用しています。

会社でもプライベートでも、常にGoogle Keepを使わない日はありません。

そんな私が、Google Keepのすぐれた特徴と、オススメの使い方をそれぞれ5つ紹介します。

スポンサードサーチ

Google Keepとは

「Google Keep」は、Google社が提供している無料のメモツールです。

Google Keep - メモとリスト

Google Keep - メモとリスト
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

スマホアプリはiPhone版とAndroid版が両方あり、PCではWebブラウザで使用することができます。

Google Keepは「付箋」をイメージして作られたアプリです。
貼り付けられた付箋のように、メモの一覧が見られます。

Google Keep pc画面

(PCで見たときの画面。メモの一覧がパッと見れて便利。)

Google Keepの特徴5つ

メモ、スマホ、ペン、文房具のイラスト

Google Keepが他のアプリより優れている特徴は以下の5つです。

  • すぐにメモがとれる
  • メモの整理が超カンタン
  • メモをすぐ検索できる
  • どんなデバイスでも使える
  • ピン留めが便利

アプリのデザインや機能も紹介しつつ、解説していきます。

すぐにメモがとれる

「すぐにメモがとれる。」
ぶっちゃけここが、一番のメリットです。

アプリを開いてから、どれだけ早くメモをとれるかが、「メモ魔」にとってだからです。

Google Keepは、右下の「+」ボタンを押せば、
すぐ新しいメモをとることができます。

Google Keep アプリ画面

PCの場合はカーソルが表示され、開いた瞬間メモがとれます。

Google Keep ブラウザ版 画面

他のメモアプリだと、メモをとるまでに、
フォルダを開くなどの1アクションがありますよね。

GoogleKeepはメモをとるまでのムダなアクションがないため、
本当にストレスなくメモがとれます。

何かを思いついた時に、パッとメモがとれるのは本当に最高です。

メモの整理が超カンタン

メモをとるときに面倒なのが、メモの整理ですよね。

フォルダ分けが必要だったり、かなりダルいです。

Google Keep はフォルダの代わりに、「ラベル」でメモを整理できます。
この「ラベル」は、メモをとりながらつけることができます。

メモの中で、
#(シャープ)」+ 「ラベル名」を入力すると、
カンタンにラベルをつけることができます。

このメモには、#ブログ#ライティング というラベルをつけています。

Google Keep ブラウザ版 ラベル付け

ツイッターでいう「#ハッシュタグ」と同じ感覚です。

すぐメモを検索できる

Google Keepは、本当にすぐメモを検索できます。

検索が楽すぎて、そもそもメモを整理する必要すらなくなります(笑)

Keepでは検索欄が一番上に表示されており、何かメモを探すときに、ワンタッチで検索できます。

Google Keep アプリ画面 メモ検索

いつでも瞬時に探せる付箋」と考えると、すごいですよね。

さすが、世界一の検索サービスを提供するGoogleですね。

どんなデバイスでも使用可能

Googleアカウントさえあれば、PCでもスマホでも使用可能です。
しかもPCは、WindowsとMac両方で使えます。

私の場合、会社のPCがWindowsで、自宅PCがMacなので、非常に助かっています。

逆にPCはmacだけど、スマホはAndroidという方にもオススメ。

ピン留めが便利

Google Keepは「付箋」をイメージして作られたアプリなので、
ピン留め」というユニークな機能があります。

メモを開いて、右上の「ピンマーク」を押すと、メモをピン留めできます。

Google Keep アプリ画面 メモピン留め

ピン留めされたメモは、トップに固定されるようになります。

Google Keep アプリ画面 メモ固定

よく見返すメモは、ピン留めしておくと便利です。

私の場合、ブログのネタ帳や、チェックリストなどをピン留めします。

スポンサードサーチ

Google Keep オススメの使い方5つ

google keep 5 techniques

Google Keepはシンプルかつ多機能なので、幅広い使い方ができます。

オススメの使い方は以下のようなものがあります。

  • ToDoリストとして使う。
  • 読書のメモに使う
  • 勉強ノートとして使う
  • 打ち合わせの議事録として使う
  • 写真置き場として使う

ToDoリストとして使う

Google Keepは、ToDoリストとしても使うことができます。

メモもTodoリストも、Keepだけで完結できます。

他のアプリを使い回す必要がないので、非常に楽です。

Todoリストを作るには、画像にあるリストのマークをおすだけでOKです。

Google Keep アプリ画面 チェックリスト

買い物や用事などをリストに入れて、ピン留めしておくと便利です。

わたしの場合、ブログのネタ帳としても使っています。

Google Keep ブログ ネタ帳

読書のメモに使う

Google Keepは、読書のメモをとるのに最適です!

Keepはメモの一覧がパッと見れるので、
本で得た知識を、サクッと復習することができます。

また、「#読書」というラベルをつけておけば、非常に管理も楽です。

詳しいメモのとり方は、以下の記事で解説しています。
読書の効果を3倍にする 読書メモ7選 読書の効果を3倍にする!「読書メモ」のとり方を7つ紹介

Keepを使って読書の効率を最大限に高めましょう!!

勉強用ノートとして使う

Google Keepは優秀な勉強ノートにもなります。
さきほどの読書と同じく、Keepを開くだけで気軽に復習できるからです。

また、音声メモを使うことで、最近流行りの「アクティブラーニング」を行うこともできます。

アクティブラーニングとは、「解説する」「テストする」など、自分から能動的に勉強する学習法のことです。

勉強の内容を、誰かに解説するように声にすれば、より記憶に定着しやすくなります。

画面下の音声アイコンをタップするだけで、カンタンに録音できます。

Google Keep アプリ画面 音声アイコン

Google Keep アプリ画面 音声メモ

なので勉強中も、ストレスなく音声メモがとれます。

打ち合わせの議事録として使う

社内会議や、打ち合わせの議事録も、サクッと作れます。
wordと違って、あとで確認するのもラクです。

私の職場でも、打ち合わせでKeepをつかっています。

作った議事録を、社内のメンバーと共有するのもカンタンです。

1. メモを開き、右下のメニューから、共同編集者をタップ。

Google Keep メモ メニュー 共同編集者

2. 追加したい人のメールアドレスを入力。

Google keep 共同編集者 メールアドレス入力

これで共有完了です。

小さい打ち合わせなど、とりあえずKeepにメモしておけば、
タスクが整理できたり、「言った言わない」問題も防げるので、オススメですよ。

写真置き場として使う

授業の板書や、セミナーの資料など、
とりあえず写真を撮って、Keepに保存しておくと便利です。

もちろん授業の内容などを一緒にメモしておくのもいいでしょう。

そしてKeepでは、画像から文字を抽出することができます。
1. メモを開き、画像をタップします。

2, 右上のメニューボタンを押して、「画像のテキストを抽出」をタップ。

Google Keep 画像テキスト抽出 手順

すると、このような結果が出ます。

Google Keep 画像テキスト抽出 手順

手書きの文字も、なかなかの精度で判別してくれます。

文字抽出は、あとで書類にまとめたりする際にとても便利です。


これ以外にも、Google Keepの使い道はたくさんあります。
あなただけの使い方を模索して、人生を効率化するのも楽しいですね。

Google Keepの特徴+オススメの使い方: まとめ

take it easy とかかれた積み木の写真

ここまで、Google Keepをオススメする理由と、オススメの使い道を紹介してきました。

メモアプリは、メモをとるというだけのシンプルなアプリですが、

それゆえに、デザイン使い心地がとても大事になってきます。

Google Keepは、ユーザーが快適に使えるように、徹底的に考え抜かれたアプリです。

みなさんもGoogle Keepを使って、快適なメモライフをおくりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA