【超集中】ポモドーロ・テクニックの完成形!? Daigo流「サイクルメモ」を試してみた!

最強のポモドーロ・テクニック サイクルメモ created by メンタリストDaigo

皆さんは、「ポモドーロ・テクニック」をご存知ですか?

25分の作業」+「5分の休憩」
このセットを繰り返しながら、仕事や勉強をするテクニックの事です。

一見シンプルなテクニックですが、
きちんと使いこなすのは、なかなか難しかったりします😅

実際私も「ポモドーロ・テクニック」を使った経験がありますが、

キリが悪いからと、ダラダラ作業を続けちゃったり、
途中で集中力が切れて投げ出したり…
こんな状態が続いて、なかなか効果を実感できずにいました(笑)

そんな中出会ったのが、メンタリストDaigoさんの「サイクルメモ」です。


サイクルメモは、Daigoさんが「ポモドーロ・テクニック」に「科学的知識」を応用して作られたオリジナルのテクニックで、

そのあまりの完成度の高さから、
ポモドーロ・テクニックの完成形ともいえるような代物になっています。

以来私も、あらゆる作業で「サイクルメモ」を使っています!

そこで皆さんにも、「サイクルメモ」の具体的な実践方法や、使ってみた感想をお伝えできればと思います。

こんな方におすすめ
  • 学生(受験生)
  • ビジネスマン
  • クリエイター
  • フリーランス(自営業)

以下、「ポモドーロ・テクニック」のことを「ポモドーロ」と呼びます。少し長いので(笑)

スポンサードサーチ

サイクルメモとは?

ポモドーロ+メモ=サイクルメモ

サイクルメモは名前の通り、

ポモドーロのサイクルを回しながら、
作業のメモを取る
というものになっています。

具体的には、ポモドーロの1サイクルである

25分(作業)」+ 「5分(休憩)」
ごとに、作業の進捗をメモしていきます。

例えば英語学習の場合なら、

「1サイクル目 長文を3つ解いた」
「2サイクル目 答え合わせをした」
こんな感じのメモを取ります。

「これだけ?」と思うかもしれませんが、
このメモこそが、ポモドーロの効果を格段にアップさせます!

ポモドーロには、

  • 作業効率がアップする
  • 集中力が持続する
  • 知識が定着しやすくなる
といったメリットがありますが、サイクルメモにより、その効果は更に高まります。

なぜなら、サイクルメモにより「進捗管理」ができるからです。

1サイクルごとに、こまめに進捗をチェックする事で、「作業の見通し」がついてきます。

そして見通しを持って、スムーズに作業を進める事で、作業効率は格段にアップします。

漠然と作業するのとでは、ゼンゼン効率が違ってきます。

更に進捗のチェックは、

次はもっと進めるぞ!

という風に、作業のモチベーションも高めてくれます。

ゲーム感覚で作業できるようになるわけですね。

そして、モチベーションがアップするのに比例して、集中力もアップするという訳です。

  • 作業の見通しが立って、効率がアップ!
  • モチベーションが高まり、集中力も倍増!
これが、サイクルメモを「最強のポモドーロ」と言わしめるゆえんです。

そしてサイクルメモは、シンプルゆえに、仕事でも勉強でも、なんにでも使えます。

ぶっちゃけ、万能のテクニックです。

それではメリットを紹介したところで、サイクルメモの具体的な実践方法を解説していきます。

ポモドーロ・テクニックの完成形! サイクルメモの実践方法

サイクルメモ実践法 実際シンプル

必要なもの

  • タイマー
  • メモ帳

タイマーやメモ帳は、スマホのデフォルト機能で十分です!
実際Daigoさんも、デフォルトのアプリだけを使ってます。

サイクルメモの準備

チェックリストと女性のイラスト

いきなり作業をする前に、まずは準備をしておきましょう。
といっても、特段面倒なものはなく、5分くらいでパパッと終わります。

1. Todoリストを作る

まずは作業の前日に、Todoリストを作っておきましょう。
メモ帳に「明日やるタスク」を記入していきます。

サイクルメモ Todoリスト

タスクはなるべく具体的に書きましょう。
どこまで作業するか、ゴールを明確にする為です。

例)
❌「英語を学習する」
⭕「長文問題を3つ解く」

2. 作業時間を予想する

タスクごとにかかる作業時間を予想します。

読書なら1時間、英語学習なら2時間くらいかな…といった感じです。

そして予想した時間を、「ポモドーロのサイクル数」に変換します。

1サイクルは、「作業25分 + 休憩5分」の合計30分なので、
1時間なら2サイクル
2時間なら4サイクルになりますね。

そしてタスク名の横に、予想したサイクル数を追加しましょう。

サイクルメモ Todoリスト 予想時間追加

これで準備はOKです!


作業パート

PCを操作している男性とタイマーのイラスト

それでは、作業の流れを解説していきます。

25分作業する

メモに書いたタスクをこなしていきましょう。
タイマーを25分に設定し、ひたすら作業に集中します。

ポイント
トイレや飲み物の用意など、気になることは済ましておきましょう。

作業の内容をメモする

ここが「サイクルメモ」のミソですね。
25分の作業が終わったら、作業の内容をメモしていきます。

メモの項目は、以下の4つになります。

  1. 現在のサイクル数
  2. 作業の進捗
  3. チェック
  4. 感想
ここは特に重要なので、1つずつ解説していきます。

1.現在のサイクル数

サクルメモ 作業内容 現在のサイクル数 表記

まずは現在のサイクル数を記入しましょう。
最初のサイクルなら「1」で、2サイクル目なら「2」と書きます。

2.作業の進捗

サクルメモ 作業内容 進捗内容 表記

どこまで進んだか、作業の進捗をメモします。
今回の例だと、「全体の構成・目次作成」ですね。

なるべく具体的に書くのがポイントです。

3.チェック

サクルメモ 作業内容 チェック 表記

「◎」「◯」「△」の3段階でチェックします。
ここは割と直感です。

4.感想

サクルメモ 作業内容 感想 表記

大切なのが、この感想の部分です。

あまり集中できなかったなら、集中できなかった原因を書いてみたり、
「もっとこうした方がいい」といった、作業の改善策などをメモします。

大変そうに思うかもしれませんが、慣れれば30秒くらいでできるようになります。

勉強や読書なら、作業の内容を思い出す事で、記憶の定着にも繋がりますよ。

6.休憩する

作業のメモが終わったら、タイマーを5分に設定して休憩しましょう。
オススメの休憩法などは、また後ほど解説します。


ここまでが1サイクルの流れになります。
後はタスクが完了するまで、「作業→メモ→休憩」を繰り返していきます。

タスク完了後のメモは、こんな感じになります。

サイクルメモ 全体図

このメモが、あとあと重要な意味を持ってきます。

タスク完了後に振り返る

無事タスクが完了したら、「予想したサイクル数」と、「実際のサイクル数」を比較しましょう。

予想よりも多いサイクル数になったなら、

作業の効率が悪かったのか?
そもそも無茶な予想を立てていたのか?

この2つの疑問をベースに、原因を探してみましょう。

先程の例を挙げると、ブログの執筆に4サイクルと予想しましたが、実際は6サイクルかかりました…

サイクルメモ 図解

なぜ2サイクルの誤差が生まれたのか、考えます。

逆に予想より早く作業が終わったなら、
次回はサイクル数を少なめにしてみましょう。

このように、予想と結果の比較を続けていけば、少しずつ正確な予想ができるようになります。

正確な時間が予想できれば、スムーズにスケジュールが立てられるようになりますよ。

スポンサードサーチ

サイクルメモのポイント

プロセスの説明をする女性のイラスト

ここで、サイクルメモをさらに使いこなす為のポイントを解説します。

サイクルのリズムは一定に保とう。

Daigoさんは、1サイクルの時間について、
必ずしも「25分 + 5分」でなくても良いと言われています。

少し長めに「30分 + 5分」にするのもいいし、もちろん「25分 + 5分」のままでもいいです。

自分がやりやすいと思ったリズムにしましょう。

ただし、一度決めた時間は、作業の途中で変えないようにしましょう。

例えば「25分 + 5分」でやると決めたら、ずっと同じリズムで作業します。

キリが悪いから、後5分だけ作業しよ…

疲れたから、今回は20分でいいや…

とかいうのはNGです。

雑念が浮かんだら、とりあえずメモする。

作業中は、「買い物に行きたい」「コーヒー飲みたい」等、色んな雑念が頭に浮かんでくると思います。

そんな時は、とりあえず紙にでもメモしておきます。
そしてまた作業に集中しましょう。

効果的に休憩を取る。

Daigoさんが推奨している休憩は、以下の2つです。

  • 瞑想
  • バーピー
どちらも集中力を回復させてくれるベストな休憩法で、きちんとこなせれば、永遠の集中力を手にするのも夢ではありません。

瞑想やバーピーのやり方が分からない方は、以下の記事をチェックしてください。

瞑想のやり方
キラクにできる!オススメの瞑想4種類を紹介。【マインドフルネス】

バーピーのやり方 (動画紹介)
早朝に山頂でヨガをする女性のイラスト人生が変わる!おすすめの朝活8選【キラクに朝活】

ただ、カフェで作業している時などに瞑想や運動をするのは流石に難しいと思います。
そういう時は、音楽を聞いたり、コーヒーを飲みながら、ぼーっとするのがオススメです。

大事なのは「休憩に集中する」という事です。メールチェックやSNS等はNGです。

4サイクルごとに、長めの休憩をとる。

サイクルをずっとこなしていると、流石に少し疲れてくるので、4サイクルごとに長めの休憩をとりましょう。

この間に、メモに書いておいた雑用などをこなしちゃいましょう。

サイクルメモを試してみた感想

4冊のノートのイラスト

サイクルメモに出会って以来、毎日あらゆる作業でサイクルメモを使っています。
そんなサイクルメモ信者の私が、実際に実感できた効果をお伝えしたいと思います。

ポモドーロを使いこなせるようになった

これは冒頭でも話しましたが、ポモドーロをきちんと時間通りに回すのは、かなり難しいんです。

ですがサイクルメモを使う事で、自然とサイクルを守れるようになります。

これは、作業をメモする事による「管理意識」によるものです。
1サイクルごとに進捗をチェックするおかげで、ズルしたり怠けたりする事が自然と減ります。

一見めんどくさそうに見えるサイクルメモですが、逆にメモを取る事で、ポモドーロを回すのが楽になるのです。

スケジュールを立てるのがうまくなった

スケジュールを立てる女性のイラスト

私は段取りやスケジュールを立てるのが大の苦手でした。

たいてい予定通りに進む事がないので、段取りを立てるのを諦めて、行きあたりばったりで作業していました。

しかし、サイクルメモを続ける内に、少しずつですが段取りが立てられるようになってきました。

これは、サイクルメモにより、正確な作業時間というのが分かるようになるからです。

そもそも私の段取りが下手くそだったのは、「作業に必要な時間」が分かってなかったからでした。

例えば「資料作りには、これくらいの時間がかかるな」というモノサシが無かった為、スケジュールなんて立てようがなかったのです。

サイクルメモを続ければ、否が応にも予想のズレというのが分かってきます。

毎回作業の時間を予想をして、実際にかかった時間と比べるからです。

そして次は、また次は…と予想を調整していく事で、正確なモノサシが手に入るようになります。

手に入れたモノサシを使って、タスクを組み立てる事こそが、本当の「段取り」だったのです。

この仕組みをDaigoさんは「ログを取る」と呼び、自著である「倒れない計画術」にて、その重要性を語っています。

正直、自分のモノサシを持つためにログを取る作業は非常に面倒くさいステップです。それでも一度、基準となる数値を測り終えれば、きちんとした見通しの元で段取りを立てることができるようになります。

段取りが正確になると、仕事や生活が思い通りに進められるようになるので、人生がどんどんヌルゲーになりますよ。

皆さんも、騙されたと思ってやってみてほしいです。

作業のやり方を改善できる

サイクルごとに作業内容を振り返るので、作業が進まない原因や、「こっちの方が効率がいい」というような改善策が自然と出てきます。

この記事を書いてる時も、もちろんサイクルメモを使っているのですが、
実際に様々な改善案が見つかりました。

例えば

文章の構成を整理できてなかった
ムダな書き直しで時間を浪費した
などですね。
サイクルメモを地道に続けることで、今まで5日はかかっていたブログの執筆も、今は2日でできるようになってきました。
作業を効率化できれば、他のやりたいことに手がつけられるようになるので、加速度的に成長していきます。

もちろん空いた時間でゆっくりすることもできます♪

スポンサードサーチ

自分なりにアレンジしてみよう

デザイン図を持った女性のイラスト

サイクルメモを続ける内に、自分がやりやすいと思うやり方を見つけたので、そちらも紹介していきます。

PCを使って作業する人は、「EverNote」がオススメ。

デザイナーやエンジニア、ブロガーの方などは、PCを使って作業されると思います。

私もPCに向かって作業する事がほとんどです。

そんな方は、メモに「EverNote」を使うのがオススメです。

なぜEverNoteなのかというと、

  • カンタンに表が作れる。
  • メモの管理が楽。
というメリットがあるからです。

サイクルメモは、表にした方が圧倒的に見やすいです。
こんな感じにキレイにまとまります。

evernote ノート サイクルメモ表

そしてEverNoteは、驚くほどカンタンに表が作れます

自分で作ってもいいですが、テンプレートがあればもっと速いです。

私が普段使っているサイクルメモ用のテンプレートを置いておきます。是非ご活用ください。

EverNote テンプレート

テンプレを開くと、右上に「EverNoteにコピーを保存」というボタンがあるので、クリックしてコピーしてください。

evernote ガイド ノートをコピーボタンをクリック

またメモの管理は、ノートブックを作っておけばラクチンです。
メニュー欄に「ノートブック」があるので、サイクルメモ用のノートブックを作り、先程のテンプレートを追加しましょう。

evernote ガイド ノートブック

スマホ中毒の人は、アナログなツールがオススメ。

Daigoさんはサイクルメモを行う際に、
「Apple Watchのタイマー」と「スマホのメモ帳」を使用しています。

しかし、我々にとって、スマホは誘惑の温床でもありますよね(笑)

スマホを開くと、ついついゲームやSNSをついやってしまう!

という人は、いっそのこと全部アナログにしちゃいましょう。

タイマーはキッチンタイマーを使い、
メモ帳はノートで代用します。

そして作業中は、スマホはどこか遠くにしまっておくのがオススメです。

実際私もアプリではなく、キッチンタイマーを使っています。

なぜならアプリを開くのが面倒くさいからです(笑)

ちなみに、ボタンが数字になってるキッチンタイマーがオススメです。

大きい数字ではっきり表示 シンプルなかわいいタイマー 10キーなので細かい設定も簡単にできる 強力マグネット付き

2秒くらいでタイマー設定ができるので、ぶっちゃけアプリより速いです(笑)


なにかを続ける為には、自分が「やりやすい」と思う方法を見つける事が大事です。

これはサイクルメモに限らず、あらゆる事に言えます。

皆さんも是非、自分なりのアレンジを探してみて下さい。


ここまで、

  • サイクルメモとは何か
  • サイクルメモの実践方法
  • 使ってみた感想とアレンジ例
を紹介してきました。

是非皆さんもサイクルメモにトライして、楽しい作業ライフを送りましょう!


おわりに

サイクルメモを考案された「メンタリストDaigo」さんですが、普段はニコニコチャンネルやYoutubeで、人生の役に立つ科学的な知識を解説されています。

サイクルメモの他にも、実用性抜群のテクニックがたくさん紹介されているので、気になった方はチェックしてみて下さい!

メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」(ニコニコチャンネル)
メンタリスト DaiGo(Youtubeチャンネル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA